Menu

イベントも盛りだくさん

車

楽しみ方も豊富

F1史上初のナイトレースの開催地として知られるシンガポールグランプリは、数あるF1グランプリの中でもイベント性の高いレースとして多くの観光客から注目されています。シンガポールグランプリはマリーナベイストリートサーキットという、市街地の公道コースで開催されるのが特徴です。ナイトレースでも安全性を確保するため大量の投光器が設置され、高層ビル群の夜景も相まって近代的な雰囲気の漂うレースになっています。コースは4つのエリアに区分けされていて、公道コースのためにエリアごとの行き来には制限が設けられています。チケットの種類に応じて入場できるエリアは異なるため、目的とした観戦スタイルに応じて購入するようにしましょう。全てのエリアに入場できるチケットもあり、せっかくシンガポールグランプリに来たからにはあれこれ楽しみたいという方にお勧めです。F1レース以外のイベントが豊富なのも、シンガポールグランプリならではの特徴です。特にゾーン4にあるパダン広場ではグランプリ期間中、世界的に有名なアーティストによるコンサートが開催されます。このコンサート目当てに訪れる観光客も多いため、ゾーン4だけのチケットが比較的安く手に入ります。他にもコース内には特設のグッズ売り場や飲食店の屋台、バーなどが設置され、家族連れにも人気です。またコース付近にはホテルもいくつかあり、ホテルによっては部屋からコースを見下ろすこともできます。レース当日、多くの観客でごった返すコースサイドで観戦するのもF1の醍醐味ですが、ホテルの自室からゆったりとレースを眺めるという、ハイグレードな観戦も楽しめます。こうしたコース側のホテルは人気のためグランプリ開催期間中の予約が難しくなっていますが、旅行会社のツアーの宿泊先になっている場合もあるので、自分で予約が取れなかったという方も諦めずにチェックしてみましょう。