Menu

観戦券の料金について

フォーミュラカー

低価格なチケットもある

F1のシンガポールグランプリでは、サーキットが4つの区間に区分けされており、それぞれゾーン1〜4と呼称されています。ゾーンごとに特色があり、観戦券の料金にも違いがあります。観戦券は大まかにゾーン1〜4まですべてに入れるチケット、ゾーン3と4に入れるチケット、そしてゾーン4のみに入れるチケットに分かれています。ゾーン1はピットグランドやメインストリートがあり、F1シンガポールグランプリの主要エリアとなります。ゾーン1のチケットを購入されている方は全てのゾーンにアクセスが可能です。さらにグランプリ決勝当日には、レース終了後にコースに入る事が出来る特典が付きます。レース直後の路面には当日のレースシーンを物語るタイヤ痕やタイヤかすなどが残り、F1ファンには特別な体験となるでしょう。チケット料金は特別なプランを除き、約10万円です。ゾーン4については、観戦券を持っている人が全員入場できるエリアになっています。シンガポールグランプリで行われるエンターテイメントの主要エリアであり、ステージや飲食ブース、各チームのオフィシャルグッズショップなどが無数に点在し、F1レース以外でも存分に楽しめるスペースになっています。シンガポール最大の屋外ステージであるパダンステージでは、例年世界的なアーティストによる圧巻のステージパフォーマンスが展開されます。ゾーン4のみの入場に限ったチケットも販売されており、決勝日でも約5万円ほどと他のチケットに比べて低価格な設定になっています。特にグランプリ開催初日は約1万円という低価格で入場できます。なおゾーン2とゾーン3については個別入場のチケットはありません。ゾーン2はゾーン1のチケットを持ちの方のみ、ゾーン3についてはゾーン1のチケットかゾーン4と兼用になっているチケットをお持ちの方のみ入場できます。